石鎚酒造株式会社

石鎚酒造株式会社

私ども、日本酒「石鎚」醸造元「石鎚酒造株式会社」の歴史・酒蔵紹介をさせていただきます。
石鎚酒造(株)の創業は、大正9年(1920年)。 現在社長を務めます、越智英明の祖父にあたる越智恒次郎の手によって、愛媛県西条市氷見に蔵を構えました。
酒蔵の位置するこの地は、西日本最高峰「石鎚山」のふところで名水の町として呼び声の高い愛媛県西条市にあり、仕込み水にこの石鎚山系の清冽な水を使用、西条・周桑平野の穀倉地帯を控えており、酒造りに非常に適した気候、風土の中にあります。 越智家は、元々隣町の新居浜市大生院にて14代にわたった庄屋でしたが、その後西条市氷見に移り、回船問屋を経まして酒造業へ転身し、現在に至ります。

昭和5、6年頃には (当時の石鎚酒造(株)は備中杜氏が酒造りを司っていた。) 50%精白の備前旭米を使用した吟醸酒「黒松」が高品質の日本酒として人気を誇っておりました。その当時、普通酒は1.8L詰め瓶(一升瓶)60銭であったのに対し、これを2円50銭で販売しておりましたように、いかに醸造元として自信を持った酒であったかということが想像できる訳です。

「黒松」はこの地方の高級清酒の代名詞とされまして、「せめて黒松飲ませてやりたや・・・」といった歌までつくられていたと伝わっております。 商品ラベル「石鎚」の銘柄の上に表される松の図柄は、この黒松を象徴してのものなのです。 酒蔵の長として、酒造りを司る杜氏は、現在まで備中杜氏から越智杜氏・伊方社氏の流れで過去5名の杜氏によって「石鎚」は醸され、さまざまな酒が商品となって世に生み出されました。

このような時代の移り代わりによってできました伝統は、今日まで引き継がれ、現在でもこれを生かした「手造り」の酒を念頭に、日本酒の品質向上、研鑚に努めて、地元地域をはじめとするお客様に育てていただいております。 なお、平成11酒造年度より、杜氏・蔵人不在のなか、4人の家族中心での酒造りに転換しました。

商品案内

石鎚 純米吟醸 緑ラベル1.8L
石鎚 純米吟醸 緑ラベル1.8L
40日近い長期低温発酵により、 私どもの緑ラベルは生まれました。
仕上げは清冽な水にて洗い清められた 酒袋に注ぎ、昔ながらのふねしぼりにより ゆったりと搾りました。
穏やかな吟醸香と張りのある酸味が 食中酒としてお楽しみいただけると思います。



店舗情報

会社名 石鎚酒造株式会社
住所 〒793-0073 愛媛県西条市氷見丙402-3
電話番号 0897-57-8000
FAX番号 0897-57-8811

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です